Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

雑感、リターンリバーサル、

3/2

本日はなかなかの相場でした。

原油、米長期金利、為替。加えてジャンク債。原油安、長期金利低下、ドル安円高、ジャンク債下落

がこれまで外需大型バリュー÷内需小型成長株の差を拡大させきたように思いますが、一気に逆流が加速したような市場でした。

日本市場では、10月7,8,9日あたりに強烈なリバーサルがあったと記憶してます。

あの3日は、普段安定してよいパフォーマンスを上げているほとんどダウンサイドのないロングショートニュートラファンドも大きくドローダウンしたと聞いています。

なんとなく、にたような流れがくる可能性があるので注目してます。

 

f:id:tsukihisa:20160303015652j:plain

 

新興国株 ÷ 先進国株 日足

中国のアンダーパフォーム、中国要因、原油安で新興国は長らく先進国をアンダーパフォームしてきました

f:id:tsukihisa:20160303013043j:plain

新興国株 ÷ 先進国株 週足

f:id:tsukihisa:20160303013008j:plain

 

米ジャンク債 日足

f:id:tsukihisa:20160303012822j:plain

ジャンク債 週足

 f:id:tsukihisa:20160303012729j:plain

 

このトレンドが1,2カ月でも反転すると大きな変化がみられると思う。

日本においては、これにマイナス金利要因が重なって、銀行保険が売られ、より小型成長株有利の流れが2月以降強かったわけだけど、G20でマイナス金利政策にあまりよい反応がなかったことも逆流の流れになるのか。マイナス金利はほんと余分だったなと。より難しくしただけ。

中国全人代もひかえ、積極的な財政政策期待もあるのかもしれない。

リバーサルが仮にくるとすると、

小型成長株より大型バリューが優位になるだろう。

ナスダックよりもダウ平均、米株よりも中国株。

薬品や小売り電力よりも、鉄鋼、商社、非鉄。

マザーズよりもトピックス。

 

TOPIXをアウトパフォームしそうな銘柄はここらへんか。

f:id:tsukihisa:20160303013314j:plain

 

 

一方、アンダーパフォームしそうなのは。。。。

ひふみ銘柄でも売っておけばいいんじゃないですかね。しらんけど。

 

 

かなりひどい風邪をひいてしまった。

 

www.bloomberg.com

China will lay off about 1.8 million steel and coal workers as President Xi Jinping drives efforts to cut the country’s industrial overcapacity and reform it’s bloated state-run enterprises.

The world’s largest steel and coal producer is seeking to ease a glut of industrial capacity as its economy shifts toward consumer-led growth and as it tries to curb pollution. The government has set up a 100 billion yuan ($15.3 billion) fund to be spent over two years to help companies resettle workers cut during restructuring.

The price of coal at Qinhuangdao port, a benchmark for the country, rose to an average of 380 yuan a ton as of Sunday, the highest in four months, data from China Coal Transport and Distribution Association show. Inventories have dropped to about 3.2 million tons, compared with 7.8 million a year earlier.

 

Iron ore looks like it's heading towards another multi-month peak | Business Insider

f:id:tsukihisa:20160303031753j:plain

Following a near three per cent rally on Monday, Metal Bulletin’s ion ore index (MBIOI-62) rose by a further 3.67%, or $1.82, to $51.44 a tonne on Tuesday, taking the benchmark price back to within touching distance of the multi-month peak of $51.64 a tonne set on February 25

According to Metal Bulletin, the sudden and spectacular rebound corresponds with renewed monetary policy easing from the People’s Bank of China (PBOC), signs that activity in China’s steel sector is stabilising and expectations that steel production may increase in the period ahead.

http://www.mbironoreindex.com/Article/3534115/MBIO-Index-2-March-2016-Another-jump-in-price-.html