Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

定点観測

【為替】

NZDJPY

f:id:tsukihisa:20150905093029p:plain

終値ベースで安値更新

 

AUDJPY

f:id:tsukihisa:20150905093143p:plain

24日の安値も割り込みそう。主要通貨ではAUDが一番弱い。

 

EURJPY

f:id:tsukihisa:20150905093254p:plain

3日のECB以降、下げに弾みがついたか。下げ余地は大きそうだが。

 

USDJPY

f:id:tsukihisa:20150905093404p:plain

日米の株価指数とチャートにてる感じ。ドル円が主体にはみえないんだけど。

 

 

GBPJPY

f:id:tsukihisa:20150905093751p:plain

なんか弱い。なんなんでしょう。

[ロンドン 1日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)によると、同国で7月の住宅ローンの承認件数が2014年2月以来の高水準となった。住宅市場が再び活性化している兆しとみられる。7月の承認件数は6万8764件と、6月の6万7069件から増え、ロイターのまとめたエコノミスト予想も上回った。消費者信用残高は前月比11億7300万ポンド増加と、増加幅は6月の12億3000万ポンドをわずかに下回った。ただ、前年比では7.5%増と、06年4月以来の高水準だった。

 

CADJPY

f:id:tsukihisa:20150905094201p:plain

 

HKDJPY

f:id:tsukihisa:20150905094239p:plain

 

EURUSD

f:id:tsukihisa:20150905094308p:plain

先週24日と違う点は、ドル売ユーロ買にはならなかったこと。

 

AUDUSD

f:id:tsukihisa:20150905094441p:plain

弱い。AUDCADも下落してるので、震源地はアジアの資源国通貨。中国を中心とするアジア新興国の需要減少が懸念材料。でしょうか。

 

AUDEUR

f:id:tsukihisa:20150905094752p:plain

 

AUDUSD monthly

f:id:tsukihisa:20150905094823p:plain

AUDUSDパリティは無理がありましたということか。0.60あたりですかね。

 

CNYUSD

f:id:tsukihisa:20150905095939p:plain

AUDUSDに比べて通貨調整が進んでない。 0.147あたりまで調整あってしかるべきでは。

 

CNYJPY

f:id:tsukihisa:20150905101015p:plain

売りたい衝動にかられます。人民元。敵はスワップポイントでしょうか。

 

 

人民元

ティッカーは、CNYとCNHがあり、CNYは中国国内で使われている人民元らしく。海外投資家には開放されていないのでFX取引では「NDF」という金融派生商品を使って取引する(していた)。スワップ金利金利差ではなく、NDFの売買需給によって決まるので毎日変動が激しい。

一方、CNHはオフショア人民元と呼ばれ、台湾や香港など中国本土外で取引できる人民元。扱っているのは中国本土ではなく香港なので金利は中国ではなく香港が適用。

しかし、CNHとCNYはレートはほぼ一緒。

 

うーん。裁定できるじゃないか。フリーでキャリーができる気がする。。。

実際にいたのかもしれないなと。オフショアで売ってオンショアで買うみたいな。

 

 

青CNHJPY, 赤CNYJPY

f:id:tsukihisa:20150905102954p:plain

青のほうが売り圧力が大きい。海外投資家がオフショアで人民元を売っているのだろうか。

 

「管理された人民元国際化の現状と展望」

一読あれ

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/customs_foreign_exchange/sub-foreign_exchange/proceedings/material/gai20150518/02.pdf

f:id:tsukihisa:20150905103531p:plain

人民元建てで売り掛け金とかあっても当然ヘッジしてるんでしょうけど。自分のポートに人民元安で影響でないかどうか、一応チェックしておくか。

 

f:id:tsukihisa:20150905104520p:plain

 

f:id:tsukihisa:20150905104531p:plain

 

中国人民元のオフショア市場

http://www.cmegroup.com/ja/education/files/offshore-chinese-renminbi-market.pdf

 

 2010年7月に中国人民銀行と香港金融管理局が共同声明を発表し、香港で人民元の受け渡しをできるようにすることが正式に決定した。ただし、オフショア市場参加者は、いくつかの例外を除いて、オンショア人民元市場への参加が制限されています。具体的には、オンショアで特定の取引・投資活動に参加するには、適格国外機関投資家(QFII)の認可を受けなければなりません。 

オフショアで先渡しや先物が利用されやすくなり、NDFの存在感は薄まっていると。

CMEにCNH先物があるが、取引は極めて薄い。

 

 

 

人民元の二重相場(オンショアとオフショア)

http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/world/info/cndb/rmb/pdf/double.pdf

f:id:tsukihisa:20150905110620p:plain

 

 

SBI証券人民元(CNY)/日本円の取引ができるが、中国本土の人民元レートを参照に、各FX会社やカバー先銀行がハウスレートを作成し、個人投資家に配信するNDF市場の「CNYレート」となる。

 

人民元売ってみますかね。

Remove all ads