デザイン思考

ノート型パソコンの父として知られるビル・モグリッジは生前、こんなことを言った。

「多くの人たちは、我々の周りにあるほとんどのものは必ず誰かがデザインしたものだということに気づいていない」

モノに限らず、近年であればそれは無形の体験や、ビジネス、社会システムに至るまで、誰かがデザインしている。

「人のために何か創る」ことが誰にでもできるよう世の中をつくろう、という信条のもとに生まれたアプローチが「デザイン思考」だ。

 

forbesjapan.com

 

forbesjapan.com

 

不確実性と変化を許容

イデアはすぐ形にする

好奇心旺盛

マネジメントは承認だけでなく共感を

 

ferret-plus.com

ハーバード大学デザイン研究所(通称d.school)のハッソ・プラットナー教授が提唱する、『デザイン思考の5段階』という思考モデルを紹介していきます。d.schoolでは、実際にデザイン思考を授業でも取り入れており、非常に説得力があります。その「5段階」とは、次の5つです。

(1) 共感 (Empathise) - ユーザーの行動を理解し、寄り添い、何が問題なのかを見つける
(2) 定義 (Define) - ユーザーのニーズや問題点、みずからが考えることをはっきりさせる
(3) 概念化 (Ideate) - 仮説を立て、新しい解決方法となるアイデアを生み出す
(4) 試作 (Prototype) - 問題に取組み始める
(5) テスト (Test) - 検証こそが解決方法

 

重要なことは、これらが(1)から順番に連続的になされるのではなく、5つの段階は同時に行われたり、互いに影響したり、行ったり来たり、繰り返されたりすることです。順番にプロセスをたどらなければならないということはありません。連続した手順ではなく、問題を解決するための包括的な考え方/////

たけのり

グーグルカレンダ、グーグルスプレッドシート、グーグルキープあたりを普段とても使ってる。エクセルとかまぢ使わないし、使えない。カレンダにしろ、シートにしろ、キープにしろ、使う用途はメモ帳がわりというだけで、どういうメモを残したいかというので使い分けてるだけ。そういう意味ではグーグルフォトやとかもそうかも。

 

数日前のカレンダーに、翼樹、楓、武徳・・・とかメモしている。

なんでしょ。これ、子供の名前を考えていたのだ。いや、妄想していたのだ。子供のあてはないのです。

翼樹てのは、ツバキで、椿。高知県土佐清水市足摺岬に咲く花で、土佐清水市の花でもある。

楓というのは、紅葉で、もし秋に女の子が生まれたらと妄想していた。

で、武徳。

徳の字は、昔から三国志が好きで劉備玄徳のショクの国が好きで、徳。

で、武。

戦国ゲームでパラメータであるのが、徳、武、知(智)、、。

そのうち、2つとって、智徳てのはある。

あえて、武徳。

徳には、人を引きつける力。

武は、行動力、決断力。

徳の重要性、価値は、ずーと同じだと思うけど、

武と智は、重要性がシーソーゲームしてる時期があったり、拮抗してたり。

でも昨今の、人工知能に対する熱狂と力の入れ具合とか技術環境とかを見てると、本格的に人間の智の希少性や重要性がなくなってくのかなと感じた。

人工知能は、それこそ、僕が学生のころ複雑系やカオス理論てのが流行っててそこに至るもっと前に70年くらいから人工知能AIってのがあって、それを実現するための半導体だとか、センサーだとか、インターネット環境だとかが急速においついてきて。

実際の人形ロボットを実現するには、やはり蓄電技術、バッテリーの問題、エネルギーの問題がまだクリアできなさそうだけど。

参謀的な智だけでなく、創造性も含めた智。では、コンピュータにアウトリソースするほうが効率的な気がしてる。

人間は、どこに行きたいかの志をもって。

あとは、決断して実行するかしないかの武。

それを実現するのは、こんぴゅーたの智と、他の人を巻き込む徳。

ほんの20年前は、知識資本主義だとか、起業参謀だとか、知識集約型産業だとかいってたのに。知識の陳腐化がこれからものすごいスピード(おそらく、急数 

幾何級数的、指数関数的変化ってやつで)でやってくる。いや、きてる。

だからどうだというわけだけど、

武、智、徳。で切るなら、智だなと

思っただけである。

 

おわり

 

f:id:tsukihisa:20180613191714j:plain

 

 

天地人

ワイン。以前、色々飲む機会があったけど最近は飲まなくなったけど。ワイン会とかあっても、何言ってるかわからない状態。

それも昔。

最近、「徹の部屋」というABEMATVの番組を見てて、ネットのフリー動画でもあるけど、幻冬舎の社長が仕切ってトークする番組。これが面白い。そこでワインをGMOインターネットのグループが提供してて、ふと思ったんだけど、天地人というのがワインの世界では大事ということ。

 

天は、気候ということだろうか。2005年モノがどうたらこうたらとか。雨がふらなかったとか。

地とは、フランスやチリだけでなく、フランスのどこ地方のものだとか、さらにはどこ村のモノだとか、たとえばピュリニー・モンラッシェだとかバタール・モンラッシェだとか。更にはどこの畑だとか。

人とは、ソゼさんだとかコント・ラフォンさんだとか。

ワインでは、その天地人の違いで、それこそ天と地ほどの評価の差がつく制度が出来上がってる。

たしかにねと思った次第。

ちなみに、スマート農業だとか高度環境制御技術だとかいうのは、その天地人とは真逆の流れで、どんな天候外部環境でも、どこでも、誰が作っても、そこそこのものを作ろうという技術や流れ。そこそこというのは、ちょっと自分の評価も入ってるけど、まぁ確かだと思う。いまんとこ。

機会化の流れは必須だとしても、天地人のうち、天→地→と機会化、制御の流れはきてて、その順番に代替がキクけど、最後の人の部分は、まだ先かなと思う次第。

 

P

リン酸の働き

植物成長は、葉や茎が大きくなる栄養成長と花を咲かせて実をつけてる生殖成長の2つがあり、リン酸は花を咲かせて実をつけるのを助ける働きをする。難しく言えば花芽分化や開花結実を促進すると言われている。窒素が葉肥、カリが根肥、そしてリン酸が実肥といわれる。

 

移動しにくい。

蓄積しやすい

窒素やカリと違って土壌から非常に溶脱しにくいので、蓄積しやすい。

 

施肥リンの利用率は10~20%と窒素やカリウムに比べて低い。

結合する。

土中にあるアルミニウムや鉄と結合しやすくく、リン酸鉄、リン酸アルミニウムとなってしまうと、植物が根から吸収できなくなってしまう。。難溶性リン酸

リン酸がカルシウムと結びつくと植物が吸収できる。リン酸水素イオン(HPO42-)リン酸二水素イオン(H2PO4-) 。無機態リン

リン酸固定
リン酸固定力は土壌の種類により大きく違い、これを診断する基準としてリン酸吸収係数が用いられている。

リン酸吸収係数が大きいのは火山性土。火山性土がリン酸を強く固定するのは活性のアルミニウムが他の土壌に比べて多いため。

粘土鉱物中のアルミニウムと鉄は、土壌 pH が酸性に傾くと土壌溶液に溶けていく特性が
ある。これはアルミニウムと鉄の活性化と呼ばれる。

カルシウムもりん酸と結合して難溶性りん酸化合物にすることもある。
土壌 pH によりりん酸一カルシウム(Ca(H2PO4)2)、りん酸二カルシウム(CaHPO4)、りん酸三カル
シウム(Ca3(PO4)2)の異なる化合物を生成する。りん酸一カルシウムは水溶性、りん酸二カルシウムがク溶性であるため、りん酸固定とならないが、りん酸三カルシウムが難溶性で、植物に吸収利用されない状態となる。

PH5.5-6.5で可給態リン酸が多くなる。


土壌改良を通じて、りん酸吸収係数を下げる方法としては、堆肥や腐植酸資材を施用することが効果的である。堆肥などの有機物がりん酸を囲み,土壌コロイドとの接触を少なくするためである。また、堆肥分解の際に土壌微生物が大量に増殖して、りん酸は微生物の増殖により取り込まれ、有機態りん酸となるが、微生物の死亡に伴ってゆっくり分解され再び無機化して植物に吸収利用される。
腐植酸は鉄、アルミニウム、カルシウムと安定な化合物を生成し、これらの陽イオンとりん酸との結合を妨げ、固定化を軽減すると考えられている。また、難溶性のりん酸化合物に腐植酸を添加すると、腐植酸が鉄、アルミニウム、カルシウムと錯体を生成し、吸着されていたりん酸を吸収利用可能な状態に戻すことも考えられる。

 

土壌中のリンは無機態と有機態に大別される。

有機態リンは、動植物の遺体や微生物のほか、腐植などと結合して存在しており、そのうち微生物に取り込まれたリンをバイオマスリンという。有機態リンはそのままでは作物が利用・吸収することができない。土壌中の有機態リンの一部は微生物により分解され、土壌の乾燥、地温上昇により無機化が促進される。

 

リン溶解菌

リン溶解菌には、有機酸などを放出して、難溶性のリン酸を溶かす働きがある。

土壌にはすでにリン溶解菌が多く存在している。 そこに易分解性有機物を施用すると、 リン溶解菌が急速に増殖して有機酸を生成し、 土壌中の不可給態化したリン酸塩を溶解する。

溶解したリン酸はその近隣の通常微生物にも吸収されてバイオマスリンに変換される。 やがて微生物が死滅すると、自己溶解が生じ、 核酸やリン脂質などの比較的吸収性の高い化合物が細胞外へ放出される。 菌根菌菌糸が近くにあれば、 それらのリン化合物を効率的に吸収できるということになる。

 

土壌の易分解性有機物の主体はアミノ酸態窒素とアミノ糖態窒素である。

 

可給態リン酸
作物が吸収利用できるリン酸の総量。作土には20mg/100g以上あれば十分。 100mg/100g以上になるとリン酸の施用効果がなくなる。

 

有機物の施用は主に活性アルミニウムを抑える効果があり、リン酸の可給度が増大する。

 

 

 

植物におけるリンの働きとは?土壌のPHで施肥をしても無駄になる場合も! | ぱずーの農業日記

【つち博士 よく使われる土壌用語 】

ルーラル電子図書館―農業技術事典 NAROPEDIA

土づくりQ&A|ホクレンの肥料

http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/hozen_type/h_sehi_kizyun/attach/pdf/tottori01-3.pdf

http://bsikagaku.jp/f-knowledge/knowledge19.pdf

http://www.japan-soil.net/report/h24tebiki_02.pdf

土壌の易分解性有機物に対する微生物体およびその細胞壁の寄与について(第1報) : ライグラスの分解に伴う土壌有機態窒素のアミノ酸およびアミノ糖化合物の動向

CEC

CEC(陽イオン交換量)とは

土壌がどれくらいの肥料を保持できるかの目安。

f:id:tsukihisa:20180610052802j:plain

この図で言うとマイナスの数が13なのでCECは13。

 

土壌はマイナスに帯電している。

ひとことで土壌といっても、粘土、砂、礫(小さい石)といろんなサイズの粒子が集まってできている。そのなかで、小さい粒子(粘土)はマイナスの電荷をおびている。粘土以外では、腐植もマイナスに帯電している。

粘土や腐植に富む土壌はCECが高い。→養分保持力が高い

アンモニアNH4+、カリウムK+、カルシウムCa2+、Mg2+、といった陽イオンの肥料分を吸着する。水素イオンH+も吸着する。

 

ここで、植物の生育に欠かせない17元素を復習しておく

水素H、酸素O、炭素C、窒素N、りんP、カリK、石灰Ca、苦土Mg、硫黄S

ここまで多量要素。多く必要とする。HとOは水から、C空気中の二酸化炭素から取り込む。

鉄Fe、ホウ素B、銅Cu、マンガンMn、モリブデンMo、亜鉛Zn、ニッケルNi、塩素Cl、

これらは微量要素。多くは必要しないが不足すると、生育障害、生理障害など異常を来す場合がある。

  

土壌の塩基

https://www.zennoh.or.jp/activity/hiryo_sehi/pdf/qa_dojo.pdf

 

硝酸態窒素NO3-、リン酸H2PO4-、硫酸といったマイナスイオンは土壌に保持さないのか。土壌はプラス荷電もわずかにあるらしく、それらにくっついて保持されるらしい。

 

 

除塩について

いつか、農業について体系的にまとめたいと思ってますが、多分めんどくさいのでやらないでしょう。なので、適当なときに適当に主に農業関係のことについてつぶやくブログです。

除塩とは、

土壌に蓄積した過剰な塩を取り除くこと

なぜ塩が蓄積するかは2パターンあって、

。1)津波などの非人為的に外部から塩が土壌に流入する

のと

2)植物が吸収する以上に肥料を多くやりすぎて、結果、土壌に蓄積する

 

主に施設栽培(ハウス栽培)では、2)の理由で塩類集積が起こる。土壌の肥料分が雨に流されないので。

そして、塩類とは、肥料成分の中でも、窒素、リン、カリ、マグネシウム(苦土)、カルシウム(石灰)をいう。らしい。

肥料の3大要素(必須要素)は、N、P、Kで、N=窒素、P=リン、K=カリ、

多量要素は、Ca=カルシウム(石灰)、Mg=マグネシウム(苦土)、S=硫黄、微量要素は、マンガン、ホウ素、鉄・・・・・。

NPKCaMgの過剰蓄積を解消するというのが除塩の目的ですが、これらの要素の中でも、過剰に蓄積して植物の生育に障害を与えやすいもの、そうでないもの。除塩によって、取り除きやすいもの、にくいものがあります。

障害を与えやすく、取り除きやすいものは、N、窒素。窒素の中でも硝酸態窒素。全部取り除くのは無理だし、すべて悪いわけではない。

なので、施設栽培で除塩という作業を行う目的は、硝酸態窒素の過剰蓄積を取り除くと覚えておけば、試験でいうと65点くらいです。硝酸態窒素が土壌に蓄積しているかどうかを判断する目安・指標にEC(電気伝導度)という指標があります。

 

窒素について、まとめても1000ページくらいにはなり、ながくなるので、とりあえず、また。

 

腐植について

今日は一日家の中に引きこもりでした。雨だからというのと、作業が一段落したというのと、自分の体のコンディション調整というのが理由づけ。おかげで、久しぶりにゆっくり農業に関係ない情報をネットサーフィンして。いざ、農業に専念すると他のことをあまり考えなくなり、情報収集や関心も農業以外のものは無意識に切り捨てていくので、あまりよろしくない。ということで、自分を納得させているわけで。

 

腐植について

農業的に良い土、肥沃な土地には、腐植がたくさんある。

腐植が少ない→痩せてる土地

アルゼンチンのパンパ、北アメリカのグレートプレーンズと並び世界3大穀倉地にあげられる旧ソ連ウクライナの方にあるチェルノーゼムという地帯は、通称黒土と中学の地理で習ったわけですが、黒土こそ腐植がたくさんある証拠。腐植は黒いんです。

 

腐植はどうやってできるか、有機物と微生物が必要で、微生物が有機物を分解していくことでできていきます。

有機物とはなにか、炭素を含むもの、稲わらのような植物性のものもあれば、牛糞のような動物性のもの。燃やしたら最終的に炭になるようなもの。

 

なぜ腐植がよいのか、は、別の機会に。

 

 

窒素・炭素循環連結モデルによる土中の有機物分解の検討

http://www.bio.mie-u.ac.jp/junkan/sec1/lab5/pdf/h24a_morita.pdf

 

土壌腐食の化学と生化学

http://www.hiryokagaku.or.jp/data_files/view/266/mode:inline

 

アズミン

https://www.zennoh.or.jp/activity/hiryo_sehi/pdf/qa_adumin.pdf

 

土作り三要素

C/N比 炭素率